堺の畳屋さん 大江畳店

トップページ
 
 和室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小2でもわかる畳の中身のお勉強。
 
Q、畳はどうして作っているのですか?
  小学生からの質問に解りやすくお答えします。
 

まず、小さい畳を今回ご用意いたしました。と言っても本物です。

1枚の畳サイズは約45cm×45cm、厚みは約6cm、重さは約5kgです。

本当の畳はこの畳約8個分です。重さにすると約40kgあります。

とうてい小学生が持てる物ではないので、今回は小さく小さく。

 
実際の畳を作るのは難しいので、今回は畳の裏からハサミで糸を切り

バラバラにしてもらいました。
 
周りの糸が切れたら糸を抜き取る。
 
畳を表向きにすると縁がパカパカめくれます。畳の縁がどうなっているか

解りますね。
 
すべての糸をほどくと、畳の表(い草)と縁が取れ中からデコボコした

藁のかたまりが出てきます。
 
これでお分かりですね、畳は糸で縫われており、ワラのかたまりに

い草と縁を縫い付けたものが「畳」と言うものになります。
 
子供でもわかる畳のお勉強でした。
 
もちろん本当はもっと難しい物なので、ご興味のある大人の方

おられましたら、またそれように畳講座開催したいと思います。
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 

 
 
     ■畳素材 
 

 
 ■大江畳店ではお客様からのご依頼があればどちらでもお伺いさせて頂きます。ご遠慮なくお問合せ下さい。
  標準施工エリア
   大阪 大阪市(福島区 此花区 港区 天王寺区 浪速区 東淀川区 生野区 旭区 阿倍野区 住吉区 西成区 淀川区 住之江区 北区 中央区 都島区 西区 )
   大正区 西淀川区 東成区 城東区 東住吉区 鶴見区 平野区 大阪府 豊中市 池田市 吹田市 高槻市 貝塚市 守口市 茨木市 八尾市 富田林市
   寝屋川市 松原市 大東市 和泉市 箕面市 羽曳野市 門真市 摂津市 藤井寺市 泉南市 四條畷市 交野市 阪南市 泉南郡熊取町 泉南郡岬町 堺市 
   岸和田市 泉大津市 河内長野市 柏原市 高石市 東大阪市 大阪狭山市 泉南郡田尻町  兵庫 神戸市(兵庫区 北区 東灘区 灘区 須磨区 長田区
   垂水区 中央区 西区) 芦屋市 西宮市 尼崎市 宝塚市 伊丹市 川西市 
 

                                                                                     堺の畳屋さん 大江畳店
                                                                               Copyright c2009 大江畳店 All Rights Reserved