最高級畳 本物の畳の心地良さを追求。minosukeは新しい畳空間を提案しています。
畳の粋 畳の美 畳の機能 畳のここち 畳の進化 畳のスタイル 販売方法
top
                                                     畳のここち




 「座る」

 「寝る」

 「間」












 ■■ 真の寝ここち、座りここちは畳にあり■■
  畳=「座る」
  古来、日本人における生活形式の特長の1つで、「畳に座る」行動があります。
  靴を脱いで家に上がり、床の上に座ることは日本独自の文化です。

  椅子の生活やソファーなどに座ることが多くなってきましたが、
  ふと気付くと床の上に座っていますよね。
  床冷えや弾力性を考えると、やはり畳の上に座るのが一番気持ちいいですよね。
  畳=「寝る」
  畳のサラサラした肌触り、ついつい頬をよせてしまうほどの気持ち良さ。
  その上でゴロゴロしてしまいたくなる畳の魅力。
  誰もが自然に寝転んでしまう行動は、日本人だけが持っている和の文化では
  ないのでしょうか。

  ベッドで寝る喜びより、畳の上に布団を敷いて寝る喜び。
  布団からはみ出した手や足が畳に触れたとき、畳の自然な冷たさが心地いい眠りへと
  誘ってくれることでしょう。
  畳=「間」
  「立って半畳、寝て一畳」。畳1枚分が人間1人のスペースである。
  二人が腰をかけて落ち着けるなら、畳2枚分が遠すぎず、近すぎない
  日本人的な距離感である。和室にはこのように、見えない「適度な距離感」が
  畳を通して自然に感じる事が出来る。


  「間」を口で説明するととても難しい。 しかし和室に入ったときの自然な癒しは
  そのような人と人、人と物などにある「適度な距離感」が人の心に癒しとなって
  感じるのかもしれません。
己之助の畳にはいっぱい 「ここち」 が詰っています。




















Copyright 2008 ooe tatamiten All Right Reseved